2月16日(テクノ公園)10:30 ビトリア-Cat’s eye

1-12で敗北(5回コールド)

相手のエラーに付けこみ1点先制もバッテリーミスと打線沈黙で完敗。

 

ピッチャー紫藤(1回)高田(4回)

 

3月16日(駒ヶ谷公園)15:00 パイレーツ-Cat’s eye

0ー7(5回)で敗北

バッテリーミスにより失点がかさみ、三者凡退に抑える回もありリズムに乗りたかったが打線も1安打に終わり完敗。

 

ピッチャー高田(3回)小西(2回)

4月6日(小野公園)15:00 cat's eye-next stage

8ー7(7回)勝利

グランドコンディションが悪く、互いの守備にミスが目立つ。

3点を追う最終回。打線がつながり小西のサヨナラヒットにより初勝利!

 

ピッチャー小西(4回)清水(2回)紫藤(1回)

5月3日(小野公園)12:00 cat's eye-ビクターズ

7-8(5回)

3回に先制点を挙げるがその裏にすかさず逆転される。その後も点を取られるが最終回の猛攻で6点を返し同点に追いつくが、その裏に逆転されサヨナラ負け。課題はまだまだ多いが安打数も増え、手ごたえを感じた試合だった。

 

ピッチャー小西(4回)紫藤(1回)

5月25日(三田谷公園)13:00 cat's eye-三菱電機Bチーム

0-9(5回)

先制を取られ、守備ミス、四球にて失点。ヒットが続く場面も見受けられたがあと1本が出ず完封負け。

 

ピッチャー小西(4回)藤原(0/3回)紫藤(1回)

6月15日(テクノ公園)11:30cat's eye-北摂パワーズ

0-18(5回)敗北

初回から守備ミスとヒットにより失点。その裏、先頭打者の清水がエンタイトル2ベースを打つがあとが続かず。その後も相手の打線に圧倒され、大差での完敗。

 

ピッチャー小西(4回)清水(0/3回)紫藤(1回)

7月20日(テクノ公園)13:00cat's eye-共和ボーイズ

9-8(4回)勝利

初回から3番紫藤、5番小西のヒットで4点先制。3回に守備ミスとヒットにより5点取られ逆転を許すが、その裏に1番清水の走者一掃の2ベース、2番長谷の連続安打で4点を追加し逆転。最終回、またしても守備ミスにて3点を取られ同点。だがその裏、4番近藤のセンター前ヒット、5番小西のセンターオーバーの連続安打でサヨナラ勝ち。

 

                ピッチャー大西(4回)

8月31日(テクノ公園)11:30cat's eye-ルーズスターズ

4-4(6回)敗北

初回、守備ミスにて1点を失うが2回に内野ゴロの間に生還し追いつく。その後両投手が踏ん張るが5回に均衡が破れ2点を失うが、その裏に3点を取り逆転に成功。だが最終回に守備のミスであっさり追いつかれ、同点で試合終了し抽選にて痛い敗北。

 

ピッチャー大西(4回)小西(2回)